--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/06/25

3度目のワイン・サークル

 サッカー・ワールドカップ開催中。私、清水もそれなりに結構楽しんでます。
我らが日本は、最初のカメルーン戦に勝ち、勢いづくと思えば、二戦目のオランダ戦は惜敗とは言え、予想通り。三戦目のデンマークは歓喜乱舞の快勝。いよいよ決勝トーナメントです。正直、3連敗やむなしとの前評判を覆し、テレビ観戦を大変盛り上げてくれてます(拍手)
しかし、フランスとイタリアの予選敗退が寂しい気がするのは、私だけでしょうか。
 そんな時、三度あの天使(あれ、いつのまにか変わってない?)の誘い「ワイン・サークルへの参加の誘い」が私の元へやって来ました。前回の5月は空きがなく誘われなかった上に、会場もすぐ目の前。さらに会費が財布に優しいと来れば、もちろん二つ返事で参加OK牧場です。

テーマは 『旨安ワインは本当に美味しいのか?』

雑誌「リアルワインガイド」28号で特集された『絶対的本物の旨安ワイン30本』の中から、代表するワインを実際に飲んでみて、本当はどうなのかを検証するという崇高な企画らしい。
 なにその雑誌。この辺では見かけないが。でも、なんかちょっと偉そうで、面白いじゃん。
雑誌によれば、『旨安ワイン』とは価格は3,000円以下で「安い割りに旨い」ではなく、「旨いのに安い」ワインと定義されている。まあ、どっちでもいいような気がするが。
さらに、単なる旨安ワインと銘酒と呼ばれるワインとの間には、多分何らかの埋められない溝がある筈。実際に味わってその違いを検証することも、狙いの一つらしい。
 ①~③、⑤~⑦のワインについている順位はリアルワインガイド28号での旨安度が高い順位。
 ④と⑧はリアルワインガイド29号で紹介された『ブルゴーニュ銘酒35本』で選ばれたワイン。

P1010002.jpg 
                                                                               今回のワインのラインナップは8種類。写真左から順に、
①第28位
トゥレーヌ・ヴァンクゥール・ヴァンキュ 2008 (ティエリー・ピュズラ)
②第20位                                        
ヴァン・ド・ペイ・デ・コート・ド・ガスコーニュ・グロマンサン・ソーヴィニヨン 2008(アラン・ブリュモン)                                 ③第7位
ヴァン・ド・ペイ・ドック・dA・シャルドネ 2008 (アストラック)
④ブルゴーニュ銘酒 村名格白部門 第1位
プイィ・フュイッセ・アン・ビュラン・V・V 2007 (ダニエル・エ・マルティン・バロー)
⑤第3位
グラディム・テンプラニーリョ 2008 (ボデガス・カンポス・レアリス)
⑥第1位
ヴァン・ド・ペイ・ドック・トワベー・エ・オウモン 2008 (ジャン・クロード・マス)
⑦第2位
コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ・レ・ゼール 2007 (エステザルグ共同組合)
⑧ブルゴーニュ銘酒 プルミエ・クリュ赤部門 第1位
ニュイ・サン・ジョルジュ・1er Cru・レ・ヴォークラン 2006 (ロベール・シュヴィヨン)

以下は友人の話です。
写真一番右のワイン⑧、下の写真が今回最大の目玉アイテム。
                                                   P1010020.jpg

ドメーヌ・ロベール・シュヴィヨンは現在、最も卓越したニュイ・サン・ジョルジュの造り手。
現在、リーズナブルな価格で夢心地ワインを提供してくれる数少ない貴重な造り手の一人。
ニュイ・サン・ジョルジュに多くの畑を所有し、著名な一級畑も多数所有する。
中でも、レ・サン・ジョルジュ、レ・ヴォークラン、レ・カイユの三つの一級畑は特に優れ、シュヴィヨンの御三家と呼ばれる。実は、ニュイ・サン・ジョルジュには特級格付畑が存在しない。しかし、その卓越した畑レ・サン・ジョルジュを特級格に昇格させる運動が現在進行中とのこと。
特級昇格になれば間違いなく価格が上がるため、昇格は実現してほしくないという一般庶民の気持ちも正直なところ。ニュイ・サン・ジョルジョの良さはリーズナブルなところだから。

 で、今回もやっぱり聞きたいですか?飲んだ感想。では、お言葉に甘えまして披露。
ダニエル・バローのアン・ビュランは『カヤローと言いたくなる程旨い』
シュヴィヨンのヴォークランは『頭がとして、くらんくらんするくらい美味しい』
 レベルが超低くて、すみません。(どちらも、ネタでなく、本当に旨い)
ところで、旨安ワインはどれも予想以上に美味しかった。価格を考えればこれで十分、お釣りがくる。そして、偉大な銘酒との溝は確かに感じられた。それが何なのか、残念ながら今の私の力では不可能。8本も飲ませられちゃ、さすがに、いい状態に出来上がってしまったようです。

でもまた、誘って下さい、凄安サークル(凄く楽しいのに、会費が安いサークル)

>>続きを読む
スポンサーサイト
雑談 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。